星読み

【下弦の月】おすすめな過ごし方3つのポイントをご紹介します!

下弦の月

新月や満月の時は心が揺らぎやすいとか体がだるくなるとか。
そうした話をどこかで耳にしたり、または体験がある、なんて方もいるのではないでしょうか。

月の引力は潮の満ち引きに関係しています。
地球の表面の70%が海。そして私たちの体の約60%が水分。
そう考えると、月の引力は私たちにも少なからず影響があると考えることもできますよね。

今回はそんな月の中でも新月に向かう「下弦の月」について、おすすめの過ごし方などをお話ししていきたいと思います。

下弦の月とは?

下弦の月とは、満月から新月に向かう半月の月のこと。
夜中に東の空から昇り、昼頃に西の空に沈んでいきます。
読み方は「かげんのつき」
「かげんげつ」とも呼ばれることがあるようです。

下弦の月のスピリチュアル的な考え方

下弦の月は新月に向けて欠けていく月。
満月で満たしたパワーを放出していく時です。
そのため「デトックス」や「断捨離」が向いていると言われています。

新月は新しいサイクルの始まりです。
スタートの時に体や心が重たい状態ではなかなか最初の一歩が踏み出せませんよね。

だからこそ要らないものを手放して、意識を自分に向け整えていく必要があります。

下弦の月の3つのおすすめな過ごし方のポイント!

断捨離

スピリチュアル的な考え方を踏まえて、ここからは下弦の月のおすすめな過ごし方を紹介していきます。
一気に全てやろうとしなくても大丈夫です!

頭の片隅にちょっと置いて、自分のペースで新月に向けた準備を進めていきましょう。

デトックス

1つめはデトックスです。
デトックスの意味は「解毒」
体内に溜まった毒素や老廃物の排出にはぴったりの時となります。

・白湯を飲む
・半身浴をする
・リンパマッサージを行う

その他、脂っぽいものや甘すぎるものを避けて、野菜や果物を多く取るというものおすすめです。

断捨離

2つめは断捨離です。
最近は断捨離ブームといったこともあり、普段から行なっている方もいるかもしれませんね。

・使わなくなったもの
・必要のなくなったもの
・古くなったもの

この辺りが身の回りにないかチェックしてみてください。

また下弦の月は自分の心に目を向ける時でもあります。
心のモヤモヤやイライラ、なかなかやめられない悪習慣の手放しを。
次のサイクルに向けて色々と整理していきましょう。

人間関係の見直し

3つめは人間関係の見直しです。
これは上の2つに比べると結構難しいものですよね。

気の進まない付き合いを減らしてみたり、SNSから少し離れてみたり。
そんなことから始めてみるのも良いかもしれません。

この時期は無理に人間関係を広げようとしなくても大丈夫。
一人の時間を作ったり、のんびり散歩したり。
自分と会話をする時間をとってみると良さそうです。

まとめ:下弦の月は不要なものの手放しを。自分の心と向き合い次のサイクルの準備をしよう。

下弦の月の過ごし方のポイントをお伝えしてきましたがいかがだったでしょうか。

下弦の月はパワーの放出の時。
溜め込んでいたものや要らないものを外に出していくのに適しています。

普段忙しくてなかなか自分と向き合う時間がない人も、ちょっとだけ手を止めて意識を自分自身へ。
月のサイクルを上手く使って、新月のスタートをより良いものにしていきましょう。

望む未来を叶える星読みセッション☆.。.:*・゚

自分の中に眠っている星の力に気づいていますか?

星読みセッションでは本質的な自分の特徴を知るだけでなく、そこからどう自分の星の力を使えば良いのかというところを大切にしています。

ありのままのあなたをもっと輝かせるために♡

星を使って望む未来を叶える星読みセッションはこちらから♪
申し込む