星読み

12星座が4つのタイプに分かれるって本当?エレメントって何?

朝のテレビの星占いコーナーでもお馴染みの12星座。
その12星座が4つのタイプに分かれるということをご存知でしょうか?

よく「◯○座はこんな性格!」なんて言われることがありますが、その理由となる一部が実はここにあります。

4つの元素(エレメント)は星座の特徴にも深く関係するものです。
今回はそんな12星座のエレメントについてお話ししていこうと思います。

元素(エレメント)とは?

四元素

古代ギリシアやローマなどでは、この世界を構成する物質は火・地・風・水の4つであると考えられていました。
いわゆる四元素(または四大元素)と言われるものです。
このエレメントに12星座はそれぞれ当てはめられています。

12星座のエレメント

では、12星座のエレメントを見ていきましょう!

火:牡羊座・獅子座・射手座
地:牡牛座・乙女座・山羊座
風:双子座・天秤座・水瓶座
水:蟹座・蠍座・魚座

この4つのエレメントからは「活動の元になるもの」「活動のテーマ」を知ることができます。

それぞれのエレメントの特徴を知ろう!

学ぶ

どのタイプにどの星座が当てはまるか分かったところで、早速4つの特徴・テーマについて話していきたいと思います。

自分の太陽星座や月星座などを思い浮かべながら、ぜひチェックしてみて下さいね!

火のエレメント(牡羊座・獅子座・射手座)

火は「精神性」を表すエレメントです。
理想を高く持ち、色々なことにチャレンジしていきます。

燃え上がる炎のようなイメージですね。
とても力強く活動的です。

また自分の内側の炎、つまり情熱を燃やして物事に取り組むということもあります。

直感が冴え、これだ!と思ったらそのまま動き出せる行動力も持っている一方で、すぐに飽きてしまうといった部分も。

熱しやすく冷めやすい点は気をつけておくと良さそうです。

地のエレメント(牡牛座・乙女座・山羊座)

地は「肉体」または「五感」を表すエレメントです。
現実的であることを意識して行動していきます。

地は他のエレメントと比較すると「形」がはっきりしていますよね。
だからこそ、お金や肉体といった形あるものに意識が向くのです。

それと同時に視覚や聴覚、味覚など自分で感じられるものも大切にしています。
触れて感じて自分自身で確かめることが大事になるので行動は慎重。

土が固まるように意思もがっちり固めるため、頑固になりやすい点があります。

風のエレメント(双子座・天秤座・水瓶座)

風は「思考」を表すエレメントです。
言葉や情報、知識を活用することを好みます。

風は止まることなく流動的です。
自分の中に情報を取り入れたり発信したり、または流行にのったり。
新しいことを学ぶことにも力を注ぎます。

言葉を扱うことからコミュニケーションも得意分野です。

軽やかに変化に応じる器用さがありますが、一つのことをじっくり取り組んだり、責任を持つことが苦手な面もあります。

水のエレメント(蟹座・蠍座・魚座)

水は「感情」を表すエレメントです。
情緒的であり、自分や周りの人の気持ちを大切にします。

水は何かと混ざり合うことができるものです。
そのため相手の気持ちや物事に感情移入したり、共感することが得意です。

考えるよりも心で感じる。
また癒しやスピリチュアルなものに意識が向くこともあるようです。

何か混ざり合うということは時にその境目が分からなくなることに繋がります。
自分自身が揺らがないよう気をつけておく必要があるでしょう。

まとめ:4つのエレメントは行動の元になるもの。何を基準にして行動するのかはここがポイントに!

ここまでいかがだったでしょうか。

12星座は4つのタイプに分かれています。
そしてそれぞれが意味を持っています。

「つい見ていた映画に感情移入しちゃうんだよね!」
といった方はもしかしたら水のエレメントを持っているのかも…?

そういう視点で見ていくことは、新しい自分の一面を発見することにも役立つでしょう。

良ければ自分の太陽星座や月星座がどのエレメントを持っているかチェックしてみて下さいね!

星を使い望みを叶えるための星読みセッションはこちらから!

望む未来を叶える星読みセッション☆.。.:*・゚

自分の中に眠っている星の力に気づいていますか?

星読みセッションでは本質的な自分の特徴を知るだけでなく、そこからどう自分の星の力を使えば良いのかというところを大切にしています。

ありのままのあなたをもっと輝かせるために♡

星を使って望む未来を叶える星読みセッションはこちらから♪
申し込む